スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマの話

(ちょっとグロい話かも。苦手な人は注意してください)


今日、人生で初めて魚を捌きました。


一人暮らしっていいですよね、料理失敗しても誰も文句言わないから好きなものを作れる。

サバイバル力を上げるため、処理済のパックではなく頭も尻尾も内臓もついたままのサンマ。一尾100円。
「サンマ 捌き方」で検索し、イメトレを経ていざ調理開始。

頭から尻尾まで撫でるとツルツル、尻尾から頭まで撫でるとざらざら。
水の抵抗を減らすためですね。

口は意外と小さい。先日唐揚げにしたイワシとは顔と口の大きさの比率がまるで違う。
中を覗くと舌のようなものが。触ると固い。なんだろう、これ。
口の中に水を入れるとエラから出てきます。こうやって泳ぎながら呼吸してるんだな。

(食べ物をオモチャにするなって怒られそうですが、こいつが食べ物になる前にどうやって生活していたのかどうも気になったので……)

頭を落とします。
エラ、そして胸鰭の少し身体側を一気に骨ごと。
続いて尻ビレの付け根から包丁を入れ、腹を開きます。
内臓を出します。
水で洗います。血が残ると生臭くなるらしいので綺麗に。
まな板に戻して更に深く腹を開き、背骨も引き出します。
腹開きになりました。
もう一度綺麗に洗って(本当はそんなに洗わない方がいいのかも)、血合い骨とやらを一本ずつ引き抜きました。

今まで考えたことも無かったけど、魚って真正面から見て十字に背骨から骨が生えてるのか……知らなかった。

最後に背ビレ、腹ビレを切り落とし、サンマの開きが完成。
ここまで来たらもう完全に食べ物。生き物が食べ物になった。

酒と塩をまぶして生臭みを取り、さらに小麦粉をまぶして油を敷いたフライパンに投入。
焦げ目がついたらひっくり返して、酒:大1 みりん:大1 醤油:大1 砂糖:大1を投入。

かば焼きの完成。小麦粉まぶさなければ照り焼きになります。
白米がすすむ味。

あとから探したらこの動画がとてもわかりやすかったです。(三枚おろしですが)
秋刀魚の捌き方♪(How to fillet Pacific saury) ~ほぼノーカット版~

おいしくいただきました。
そして、勉強になりました。

母なる海とサンマに感謝。
ごちそうさま。



続きを読む

スポンサーサイト

MH4Gの話

現実から目をそむけたい

技術的な進捗がないので趣味の話でも。
長時間電車に乗ってたので久々にゲームをしました。

モンスターハンター4G

今週末、3DSで新しく新作のMHクロスが発売されます。
PVを見ていたら久々にやりたくなってきたので、しばらく放置していたMH4をやってみました。

MH4からの新参ハンターですが友人と4人でまったり楽しんでおります。
メイン武器は操虫棍。
猟虫という巨大な虫を操りつつ、手にした棍を振り回して敵を殴るもしくは切り裂きます。
棍棒といっても原始人の持ってるあれじゃなくて、どっちかっていうと棒術で使うようなイメージ。
孫悟空の如意棒みたいなもんですかね。伸びないけど。
あとクウガDFのドラゴンロッドとかWのヒートメタルのメタルシャフト的な。

あとは、サブメインとしてチャージアックスとヘビィボウガンをちまちま練習中です。

まだ全部クリアしてないから新作はとりあえず保留ですが、ほ、ほしい。
操虫棍×エリアルスタイルの動画見てたら指と背中がうずうずしてきました。
MH4Gの村クエ大老院クエとっとと終わらせなくては。

昨日は村のモノブロス、モノブロス亜種、ディアブロス行ってきました。
1死、0死、1死でした。
なんで狭いところで走り回るんだお前らは! と必死に避けつつ全員角破壊と尻尾切断で倒しましたがやっぱりこいつら嫌いだ。
一回当たるとダウンしてることろに二撃目三撃目がきて猫の回復も間に合わずサヨナラ、ってパターンが多いですね。
それぞれ微妙に行動パターン違うし…。

なんとか終わらせて高難度のダレン・モーランに手を出しましたが、こちらは勘が鈍りすぎててまさかの船が破壊されるという惨劇。
リハビリしなくては。

では、今回はこの辺りで。

続きを読む

読書の秋 その3

読んだ話のメモ。
本を読んでいる間は頭をからっぽにできるからいいですね。やっぱり疲れますが。

著:坂口安吾

『青鬼の褌を洗う女』
 人生に退屈しているのに、その退屈を楽しんでいるサチ子という女性の話。
 楽しんでいるが、その自分をどこか第三者のように見下ろしていうところがある。

『アンゴウ』
 もうこの人の話暗くて空しいのばっかりでそろそろ読むのがつらい、ほら次の話も戦死した旧友と自分の妻の不倫の話か…と思っていたら。
 この話がなかったら図書館にあるもう一冊の短編集を手に取ることもなかったのに。
 一度でいいから読んでほしい話。

『夜長姫と耳男』
 人間と芸術の限界に鬼の形相で挑む主人公、しかしその迫力を遥かに、そして無邪気に凌駕する美しい長者の姫。
 心を奪われた主人公が最後に取る行動とは。
 グロいの苦手な人は注意。


著:上橋菜穂子

『鹿の王』
 上、下の二部構成。
 獣の奏者好きな人は楽しめると思います。
 
 妻子を失い、死に場所を求め〈独角〉と呼ばれる切り込み隊の隊長として戦場へ赴くも、
 ただ一人生き残ってしまい塩山で奴隷として働かされていた男、ヴァン。
 その塩山が謎の犬たちに襲われ噛まれた人々が怪死していく中、そこでもヴァンは小さな幼子とともに一命を取り留めてしまう。
 時を同じくして、国を持たぬ一族の末裔である医術師ホッサルは、
 かつて故郷を滅ぼした病に似た原因不明の病気を解明しようと奔走する。
 細部まで張り巡らされた世界の中で二人の主人公の人生が少しずつ絡み合い、解き明かされていく様は、読んでいて鳥肌が立ちました。
 生命とは何か、現代科学とは違う視点で考えさせられるホッサルたちの物事の捉え方も目から鱗。
 ぜひ、一気読みしてほしい本です。

では、今回はこの辺りで。 

bibTeXの導入メモ


前回の記事でLaTeXについて触れました。
今日はbibTeXの導入をしてみたのですが、詰まったのでメモ。

ちなみに、現在の環境はこんな感じ。
・Windows7
・TeXworksを使用。コンパイルもテキスト編集も全部これで行っている。
・pLaTeX(ptex2pdf)でコンパイル(左上の緑の三角ぽちーしてるだけ)
・PDFで書き出し

bibTeXとはなんぞや
bibTeXに参考文献の論文の情報を書いていくと、形式に従って自動で参考文献リストとか作ってくれます。
これがあるから脱Word決めた人も多いはず。
ですが、bibTeXは欧文用なので、日本語使う場合はpbibTexを使わねばならぬようです。

今回参考にしたサイト方
arupaka-_-arupakaの日記 bibtexの使い方
uTunesの徒然備忘録 TeXworksでpBibTeXを使う
BibTeX と bibtex-mode, reftex-mode の使い方

手順0 pbibTeXを使えるようにする(TeXworksでの設定)
上部ツールバーから「編集」→「設定」→「タイプセット」タブを選択します。
下部の「タイプセットの方法」の中に、「pBibTeX」があるかどうか探します。
ある場合は選択して「編集」を、ない場合は「+」をクリックします。
以下を設定します。
名前:pBibTeX
プログラム:pbibtex.exe
引数:$basename
    -kanji=utf8


「OK」を押して確定させます。
※この後一応TeXworksを再起動しました。

手順1 bibファイルを作る
bibtexのデータを入手します。
CiNiiだと右側のこの辺から。

表示される情報(@article{...から始まるやつ)をコピーしてメモ帳とかに貼り付け。

例えばこんなん(架空の論文ですので!)

@ARTICLE{SeizonHokokusyo,
author = {Mokichi Azuma},
title = {bibTeXの使い方},
journal = {Clips Toys},
year = {2015},
volume = {1},
pages = {100-200}
}


文献を引用するtexファイル(ここではa.texとします)と同じフォルダの中に拡張子.bibをつけて保存。便宜上b.bibとかにしときます。
今回はUTF-8で保存しました。
※文字コードに気を付けないとコンパイルに失敗するかもしれません…原因未検証ですが、ANSIで保存してたらエラー吐かれまくりました。

手順2 bibファイルの指定
a.texの先頭\documentclass{...}の次の行(この前の記事で言ってたプリアンブルですね)に
\bibliographystyle{junsrt}

と記述します。
※junsrtは参考文献の書式を指定する引数です。junsrtは参照順、jplainはアルファベット順、jalphaはアルファベット順かつ著者名の省略と出版年を表示します。各論文誌で指定されている場合もあります。
※上は日本語の場合です。欧文はそれぞれunsrt、plain、alpha

手順3 参考文献をtexファイル内に記述
文中で引用する場合は、@ARTICLE{のあとの論文タイトルを指定して記述します。
\cite{SeizonHokokusyo}

参考文献を羅列する場合は(たいてい最後の方ですね)
\bibliography{b}

という風にbibファイルを指定して記述します。.bibは必要ないみたいです。

手順4 コンパイル
ここが重要です。以下の手順でコンパイルを行ってください。
1)pLaTeXでコンパイル
 左上の実行ボタンの右側のプルダウンメニューが「pLaTeX(ptex2pdf)」になっていることを確認して実行


2)pBibTeXでコンパイル
 同じく左上の実行ボタンの右側のプルダウンメニューが「pBibTeX」になっていることを確認して実行


3)再びpLaTeXでコンパイル
 左上の実行ボタンの右側のプルダウンメニューが「pLaTeX(ptex2pdf)」になっていることを確認して実行


4)もう一度pLaTeXでコンパイル
 左上の実行ボタンの右側のプルダウンメニューが「pLaTeX(ptex2pdf)」になっていることを確認して実行


これでエラーメッセージが出なければ参考文献が引用されたpdfファイルが生成されます。


エラーメッセージが出た場合は、文字コードや拡張子などに気を付けてもう一度bibファイルを作り直すのがいいかもしれません。
結局何で躓いてたのかよくわからない。

では、今日はこの辺りで。

読書の秋 その2

報告会が終わったらすっかり気が抜けてしまってけだるい眠気に襲われています。
さっさといろいろ終わらせて好きなことをしたいんですが。

最近読んだ話のタイトルと内容または気に入ったフレーズのメモ。
ネタバレ嫌な人は気を付けてください。


著:坂口安吾

『破門』

「よく分るのよ、先生。でも、先生は男でせう。どう間違つてもあんな化け猫になる筈ないから安心ですもの。私たちときたら、うつかりすると自分が化け猫になつちやうですもの。私たち、さう自信があるわけでもないでせう、とてもなりさうな気がするのよ」



『白痴』
 第二次世界大戦中の疲れ切った男と白痴の女の話。
 心は冷め切っているのに無意識の部分で愛し生きようとしてしまう男。

『堕落論』
 自戒の法が生まれるのは、人が堕落するからである。
 けれど、人が堕落する生き物でなければそれはそもそも生まれなかった。
 日本人は本能から日和見主義な生き物である。
 救いは堕落の底に正しく堕ちきることで見つかる。そして救えるのは自分自身のみである。

『桜の森の満開の下』
 読者までもが幻の中に引きずり込まれたような気持ちになる。
 グロ苦手な人は注意。

『意識と時間の関係』
 ルーツは仏教の経典のある一説。
 「未来=過去である」という命題を目の前で証明されるような感じ。


著:有島武朗

『小さき者よ』
 親になる人もならない人も一度読んでほしい。
 父が眠っている子供たちに宛てた手紙。

『二つの道』

「さりながらまたその人がどこまでも一つの道を進む時、その人は人でなくなる。釈迦は如来になられた。清姫は蛇になった。」




本を読むと疲れるようになってしまって、体力の衰えを感じている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。