表の話

どうも。

研修研修の毎日ですが発見もありますね。

先日の研修で、今まで理解できていなかったことを唐突に理解したので記念にメモ。



皆さん、表ってありますよね。


そうです、こんな感じの、縦横にデータを並べたやつ。

ところでこの縦と横、

どっちがでどっちがだかご存じですか?



そうです。お察しの通り。
私は今までこれを理解できていなかったのです……!
ぞっとする話。



いや、一応言い訳をさせてほしい。

こういう教え方する人って必ずいるじゃないですか。



「『行』はここに横線が入ってるから横が行です」


「『列』はここに縦線が入ってるから縦が列です」

「わかりやすいでしょう?」



純粋な私「では、表をこうしたら行と列は入れ替わるんだな」





そんなわけはないんだが。

その上、



「ここに斜めもあるが……」

などと思ってたからね。



こうしてデータベースの初歩の初歩で躓いて、今までのうのうと生きてきたわけです。

違ったのですね。

列:データの項目
行:一件のデータ


なのですね……!

もっと早く気付きたかった。恥ずかしい。

いやほんと、私がなんで躓いてるか誰も理解してくれないし、
私もなんでみんなが理解できてるのかてんでわかんないんだもん。


ちなみに



だそうです。





いやほんと、一人でテンション爆上げでしたわ。

もうちょい生きてたら、まだ燻ってる疑問が解ける日が来るんだろうか。

私を納得させてくれる積分の説明に巡り会える日は来るんだろうか。

(何度聞いても積分が理解できないんだ)



では、今回はこの辺りで。





続きを読む

新しいレンズを買った話

また日が空いてしまいましたが元気です。

激動の日常生活で疲れますがいいこともあるし日曜日は毎週やってくるので楽しいです。
さて、まとまった金が初めて手に入り、テンションが上がったので前からほしかったものを買ってしまいました。


フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980



(画像が横向きですねすみません)

ボディキャップレンズとは、その名の通りボディキャップにレンズつけようぜっていうコンセプトで作られたものです。
いちいちレンズ着脱するのがめんどうだったので、思い切って購入。

(なお、購入した日家に帰って箱を開けたら中身が入っておらず、問い合わせしてもう一度来店するというハプニングがあった(笑))

装着するとこんな感じ。
もともと本体が小振りなので、かなりコンパクトです。





横も薄いです。

自動でピントは合わせられませんが、こちらの記事を参考にマニュアルで設定を変更。
ニワカなので適当ですすみません。勉強します。


さて、正面です。




下の方にあるつまみを向かって右にずらすとレンズがあらわれます。



これは画面全体にピントが合うモード(?)




これは中間




そして一番右にいくと、20cmの位置でピントが合います。
とても近いです。




このレンズ、何が面白いかと言うと、魚眼レンズなんです。
(魚眼じゃないボディキャップレンズもあるようですが)


普通のレンズとどう違うかと言うと。




これが手持ちのレンズでめいっぱい広角(つまり、一番映る範囲を広くした状態)で撮った写真。

これと同じ位置、角度で魚眼レンズを使用すると、





こうなります。

普通(といっていいのか)のレンズと比べると、かなり視野が広がってます。

画面の上下はぐにゅーんと湾曲してます。
これが魚の目に映る世界なんだろうか。
酔いそうだ。



この魚眼レンズを使うと、ぐにゅーんとした写真がたくさん撮れます。




ぐにゅーん。




ぐにゅーん。




というわけで、新しいおもちゃを手に入れた話でした。

また設定方法とかいろいろメモしておきたい所存。

というか、ブログに書きたいネタが相当溜まってる……。


とりあえず、今回はこの辺りで。

新年度の話

やぁ、日付が変わってしまった汗

今日から社会人です。
勤労と納税の義務が果たせる。

説明会中に地震が来たり波乱の幕開けでしたが、程々に生きて行こうと思います。
(会議室に鳴り響くエリアメールは妙な緊張感があった)

またコンスタントに書けるようになるといいんだけどなー。

あ、気分一新でブログの外観を変えてみました。またちまちまいじろう。


では、短いですが今回はこの辺りで。

続きを読む