スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

InkScapeで画像をトリミングする話

お久しぶりです。
今回は、InkScapeで画像をトリミングする話。

InkScapeを開いたら、ドラッグ&ドロップで画像をインポートします。
インポート形式とかはデフォルトでいいです。
画像のインポート形式:埋め込み
画像DPI:ファイルから
画像のレンダリングモード:なし(自動)




はい、読み込めました。




作業しやすいように拡大したら、左のツールボックスからペンツールを選択します。




で、切り抜きたい部分の周りをクリックで線を引いて囲んでいきます。
コツは、カーブの手前とくぼんでいる部分に点を置くことです。
ここでは、カクカクの線で大丈夫です。




始点と終点をきっちりくっつけたら、線をカーブさせて切り抜き対象にフィットさせます。
左のツールボックスから、ノード選択ツールを選択します。

点と点の間をドラッグ&ドロップして線を曲げましょう。
上でノードの繋がり(≒点)の種類をシャープとスムーズに変えられます。
苛々することもあると思いますが、そのうち慣れてきます。
最初は簡単な形から練習するといいです。




線の修正ができました。
ちなみに、キャンバスの上でマウスホイールを上下すると画面が上下に動くんですが、
下の画面を横移動させるスクロールバーの上でホイール上下すると!クリックしなくても左右に動きます!!
知らなかった!もっと早く知りたかった!
これで作業効率アップです。特に、もっと拡大させて切り抜くときとか!




さて、ではいよいよ切り抜きです。
あとで影を作るので、今書いていた輪郭線をコピーして下に置いておきます。
上のメニューバーから「オブジェクト」→「クリップ」→「設定」を選択すると……




ウェーイv(^_^)v
無事切り抜きができました。





ついでにさっきの輪郭線で影を作ります。
灰色に塗ります。ストローク(線)の色は無しにします。
ストロークの色は、Shiftキーを押しながらカラーパレットを選択すると変えられます(色なしは一番左です)。




影を選択した状態で、上のツールバーから「フィルタ」→「フィルタ」→「ぼかし」を選択します。




水平ぼかしと垂直ぼかしは、同じくらいの値の方がいいです。
適用をクリックします。




影がぼけました。




あとは、影のオブジェクトを最背面に配置(上のツールバーのアイコンクリック)し、位置を調節すれば、
より立体感のある卵焼きになりました。




最後にエクスポート。
同じくメニューバーから、「ファイル」→「png画像にエクスポート」(または「ビットマップにエクスポート」)を選択します。




エクスポート先を指定します。
「選択範囲」のみエクスポートの他、ページ範囲のみや、すべてのオブジェクトなどが選べます。
最後に一番下の「エクスポート」をクリックすると、エクスポートされます。




できた画像がこちら。
InkScapeでpng画像をエクスポートすると透過情報が保存されるので、白い部分は透過になってます。


以上、画像をトリミングする話でした。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。