スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ProcessingのSliderにめもりをつけよう

Processingのスライダーについてもう少しいろいろやってみたので書いておきます。
まだいくつか未検証なメソッドがありますが、ひとまずスライダーはこのくらいにしておこうと思います。
またサンプルプログラムを載せておきますので参考にしてください。


int getNumberOfTickMarks()

スライダーが何分割されているか調べます。戻り値はintです。


ArrayList getTickMarks()

スライダーめもりのの値を配列で取得します(未検証)。


setColorTickMark(int theColor)

めもりの色を設定します。


setNumberOfTickMarks(int theNumber)

スライダーを何分割してめもりをつけるかを設定します。引数はintです。


showTickMarks(boolean theFlag)

めもりを可視化するかどうか設定します。引数はbooleanです。
デフォルトではtrueです。


snapToTickMarks(boolean theFlag)

めもりにスナップするかどうかを設定します。引数はbooleanです。
tureに設定するとスライダーを動かした際、めもりの値にスライダーがスナップします。
falseの場合はスライダーにスナップしません。デフォルトではtrueです。


サンプルプログラム


import controlP5.*;

ControlP5 cp5;
Slider s;
int value = 50;

void setup(){
size(400,300);
background(0);
cp5 = new ControlP5(this);
s = cp5.addSlider("SLIDER",0,255,value,50,50,255,20);

s.setNumberOfTickMarks(5);
//s.snapToTickMarks(false);
}

void draw(){
background(int(s.getValue()));
s.setColorTickMark(abs(255-int(s.getValue())));
}

void mousePressed(){
s.updateInternalEvents(this);
println(s.getValue());
//s.showTickMarks(false);
//println(s.getNumberOfTickMarks());
}
関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。