スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16Personalities性格診断テストをやってみた話

16Personalities性格診断テスト

まぁ、話のネタ程度に。
こういうのって、「へっ頭から信じるわけないだろ」と思いつつ「…ちょっと当たってるかも?」なんて思ってしまうのですが、
インデックスページにある通り、「ちょっぴりぞっと」しないでもなかったので。

ところで、こういうのって答えるの結構難しくないですか。
例えば「積極的な性格だ」「はい/いいえ」って項目があったとして、
「友達といるときは出かけたり遊んだり積極的!」だけど「仕事で知り合った人とはあまりしゃべってないな…」というように、
自分の置かれている立場によって答えが変わってくることありますよね。

そこで、今回は自分を状況に応じて分けて診断を行ってみました。
とりあえず
 「タテマエ」(研究室・先生と関わる自分)
 「ゴラク」(友人と楽しんだり、趣味にいそしむ自分)
 「オフ」(家にいるときのなんの我慢もしていない自分)
にわけてみました。

その結果がこちら。

「タテマエ」 ISTJ-T 「管理者」タイプ



「ゴラク」 INFP-T 「仲介者」タイプ



「オフ」 INTP-Tタイプ 「論理学者」



ちょっとおもしろい結果なんじゃないでしょうか。
まぁ、オフとかタテマエとか関係ない質問も多かったのであまり正確ではないかもですが、こんなん話のネタになればいいので。

さて、素人の分析をする前に、ちょろっとこのサイトの性格分類について書いておきます。
…が、如何せん素人のざっくり解釈なので、間違いもあるかもしれないことを断っておきますすみません。

(ここから読み飛ばしても大丈夫)
この INFP-T のようなアルファベットの羅列は、人の性格の分類と特性を表しています。
最初の4つのアルファベットはユング(心理学の先生)の分析心理学に基づく「類型論」の中でどこに属しているかを示します。(ユングの理論を後にブリッグスさん親子が4文字の略字でわかりやすく示せるようにしました。)
心理学的類型論とは、人の判断機能や知覚機能について二つの対照的な要素を設定し、そのどちらに属するか調べます。
項目は4つあり、それぞれに2つの要素があるので8のタイプに人の性格が分類されます。
4つの項目は以下の通りです。
・内向型(I) または 外向型(E)
 ※内気である、社交的であるという意味ではない。エネルギーをどこから得て、どこへ発散するかを表す。
・直観型(N) または 感覚型(S)
・思考型(T) または 感情型(F)
・判断型(J) または 知覚型(P)

この診断では、このほかに「特性論」というものを用いています。
私も完全に理解できていないのですが、性格に「どのくらい」そういう傾向があるか、という程度を測るもの、と認識しました。

で、この類型論と特性論をいいとこどりして、パーソナリティ5因子モデルっぽく性格の要素を考えてみたぜ!ってのがこの診断の本題です。

・「意識」 外向型 または 内向型
 意識をどこに向けるか、どこから受け取るか?
・「エネルギー」 直観型 または 現実型
 どのように周りの情報を処理するか?
・「気質」 論理型 または 道理型
 どのように自分の意思を決定するか?
・「戦術」 計画型 または 探索型
 どのように仕事や計画を進めるか?
・「アイデンティティ」 自己主張型 または 慎重型
 ほかの側面を支持しています。能力や決定に対する自信の度合いを示します。

もっと詳しいことはこの診断の「私たちの理論」に書いてあります(丸投げした)。



んで、ようやくこの記事の本題です。

「タテマエ」 ISTJ-T 「管理者」タイプ
「ゴラク」 INFP-T 「仲介者」タイプ
「オフ」 INTP-Tタイプ 「論理学者」

共通してるのは、

「意識」の内向、「アイデンティティ」の自己主張、振り切りすぎじゃね?

です。
「単独行動好きで他人と関わるのが苦手」かつ「情緒が安定しており、あまり悩まない」
ってのが、自分の強い特性なのかもしれませんねー。なんか楽観的なぼっちって感じだ。

対してかなり変化があるのが「エネルギー」「気質」「戦術」の項目。
「意識」「アイデンティティ」ほど振り切ってないのが多いですが、各人格(あまり適切な言い方じゃないですが)において大きく変動しています。




 エネルギー気質戦術
タテマエ現実型(48%)論理型(35%)計画型(9%)
ゴラク直観型(31%)道理型(13%)探索型(35%)
オフ直観型(56%)論理型(6%)探索型(60%)


表がしょぼいのは気にしないでください。


こうして眺めてみるだけでも面白いですね。
タテマエは現実主義で合理主義、ゴラクとオフは直感と即興に頼り、自由でいたいようです。
なるほど、確かにオンとオフでそんな傾向あるなーなんて思ったり。
本当はいつでも気楽でいたいけど、そんなことしてたらタスクが終わりませんもんね。

長々とつまらない自分の話をしてしまいました。
診断自体はそれほど時間もかかりませんし、話のネタにやってみてはいかがでしょうか。

では、今日はこの辺りで。
関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。