スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋 その3

読んだ話のメモ。
本を読んでいる間は頭をからっぽにできるからいいですね。やっぱり疲れますが。

著:坂口安吾

『青鬼の褌を洗う女』
 人生に退屈しているのに、その退屈を楽しんでいるサチ子という女性の話。
 楽しんでいるが、その自分をどこか第三者のように見下ろしていうところがある。

『アンゴウ』
 もうこの人の話暗くて空しいのばっかりでそろそろ読むのがつらい、ほら次の話も戦死した旧友と自分の妻の不倫の話か…と思っていたら。
 この話がなかったら図書館にあるもう一冊の短編集を手に取ることもなかったのに。
 一度でいいから読んでほしい話。

『夜長姫と耳男』
 人間と芸術の限界に鬼の形相で挑む主人公、しかしその迫力を遥かに、そして無邪気に凌駕する美しい長者の姫。
 心を奪われた主人公が最後に取る行動とは。
 グロいの苦手な人は注意。


著:上橋菜穂子

『鹿の王』
 上、下の二部構成。
 獣の奏者好きな人は楽しめると思います。
 
 妻子を失い、死に場所を求め〈独角〉と呼ばれる切り込み隊の隊長として戦場へ赴くも、
 ただ一人生き残ってしまい塩山で奴隷として働かされていた男、ヴァン。
 その塩山が謎の犬たちに襲われ噛まれた人々が怪死していく中、そこでもヴァンは小さな幼子とともに一命を取り留めてしまう。
 時を同じくして、国を持たぬ一族の末裔である医術師ホッサルは、
 かつて故郷を滅ぼした病に似た原因不明の病気を解明しようと奔走する。
 細部まで張り巡らされた世界の中で二人の主人公の人生が少しずつ絡み合い、解き明かされていく様は、読んでいて鳥肌が立ちました。
 生命とは何か、現代科学とは違う視点で考えさせられるホッサルたちの物事の捉え方も目から鱗。
 ぜひ、一気読みしてほしい本です。

では、今回はこの辺りで。 
関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。