スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片付けとおみくじの話

部屋の片づけが去年から終わらない。

実家に帰ってきて、運び出した荷物の量に眉を顰めた親に「物を減らしたらどうか?」と言われたので服をごっそり処分しました。
半分くらいリサイクルに、残った半分のまた半分をブック○フに。
300円ちょっとにしかならなかったけど、ぜんぜんいいや。
帰りにプリンタの用紙買ったらあっという間に消えた。

小学生の頃はサイズが小さくなったから新しい服、転んで膝に穴が開いたから新しいズボン、というように、
必然的に服の新陳代謝が行われていたわけですが、
成長が止まった上に服に穴が開く様なアクティブな活動は控えるようになったので、
服を捨てない→しかし服は買うのサイクルでどんどん服が増えることに。
アウターからパジャマに格下げしても着ないものは着ないということがわかったので、思い切って1年着てない服は処分した。

そもそも、土日出掛けないことの方が多いんだから四セットか五セットあれば事足りる気がする。
むしろそれでも多い気がするんだけどね。

今後服を買うときは、1 in 1 out方式にしようと思います。
手持ちの服を1着手放してもいいくらい欲しい服があったら、そのとき買うことにするんだ。

タイムリーにミニマリストの記事が新聞に載っていた。
服捨てるときちょっと参考にはしたけど、あそこまでいくのは無理だなぁ……。
なんで服捨てたかって、他のものを入れるためだから。

次は本を減らしたいな。
漫画は捨てない主義だけど、小説はもういいかな。読み返すこともないだろうし。



服を売るついでに、遅ればせながら初詣にいってきました。
毎年おみくじを引くのをひそかに楽しみにしています。
今年は大吉でした。やったー幸先がいい。
いいことしか書いてないので、逆に不安になってくるんですが……。

案外、各運勢よりも、裏に書いてある「教え」の方がドキッとくるときがあります。
ちなみに去年の教えは

「一つの欠点でその人のすべてを推し測ってはならない」



一年ずっと刺さり続けてた教え。
まぁ思い出すのは推し測ってしまったあとなことが多かったのだけれど(だめじゃないか)。

さて、今年の教えは



「時はその使い方によって金にも鉛にもなる」





あー刺さるなぁ。
やりたくないことを先延ばしにしてだらだらしてしまうの悪い癖だ。

おみくじのいいところは、親とか他人に言われた言葉じゃなくて神様(いや、観音様か)に言われた言葉だから、
まぁ聞いとくか……ってなるところですかね。

というわけで、金にはならなくても鉛にはしないために、さくっとやることやれる年にしたいと思います。
それでは、今回はこの辺りで。





人はいったいいつ、勉強机を卒業するのだろう。

実家に戻って子供部屋に住んでいるわけですが、レイアウトが難しい。
服だけじゃなくて教科書とか昔描いた絵(黒歴史)とか昔描いた漫画(さらなる黒歴史)とかガンガン捨てて、
ものを減らしてはいるんですが、これに下宿中の荷物が月末どかっと届くわけで……。
今からもう怖い。

いっそのこと勉強机捨てようかな、いや作業台に欲しいし……。

今ねてるベッド(二段ベッドの下)は母が引き取ってくれるらしいので、一回り小さい下宿にあるベッドを置くけど、
これにテレビ台とテレビとカラーボックスとコミック用の棚とコタツの机がくるのか。
どこに置くんだ。

あと本棚のレイアウトも……。
とりあえず場所塞ぎなコミックスを上から入れてあるけど、地震が来たら死ぬだろうなと思うと改善したい。
下宿からは雑誌が3箱届くし……ひぃい。

ミニマリストなんて無理!
なんとか土日中にまとめたい。
少なくとも引っ越し業者のお兄さんを部屋に上げられるくらいには……!!



……部屋が片付かないの、自分が困ってないからなんだろうな。
どこに何があるか、自分は把握してるから。

それはさておき母さんよ、部屋に突然入ってくるのはやめてくれ。
ノックしてすぐ扉を開けるんじゃ、まったく意味がないんだよ……。
関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。