スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボールペンの話

ひらかたパーク最高ですありがとうございますありがとうございます。

さて、タイトル通りボールペンについての話。

世の中いろんなボールペンがあってその道のマニアもいるような世界ですが、

私もお気に入りのボールペンがあります。



三菱鉛筆 uni-ball Signo キャップ式 極細シリーズ


手持ちのやつ



ゴーストみたいなカラーリング

もうこれが好きで好きで。

市場(?)ではジェットストリームが人気みたいですが、私はここ五年くらい多少浮気しつつもずっとこれです。

履歴書も全部これで書いたよ相棒。


小学校の頃からペンって苦手だった。

鉛筆・シャーペンと違って書き直せないと思うと緊張してしまって…。

しかも当時持ってたボールペンって

「赤い羽根共同募金書道コンクール 参加賞」

とか

「青少年健全育成委員会 こころの電話相談室」

とかのロゴが入ったチープなものばかりで、つまりすぐダマができて書きにくくなってしまうわけです。

※ロゴは適当なのであしからず。別に持ち上げるつもりも貶すつもりもないっす。
(ところで「貶す」をずっと「とぼす」って読んでたしにたい…「けなす」なんだね。そして「貶める」は「おとしめる」なんだね日本語難しい)

だからずっと「ボールペン=書きにくいもの」って認識があって、丸付けの赤ペンくらいしか使ってなかったんですよね。
インクのあのなんとも言えない匂いは嫌いじゃなかったが。

でもこのSigno極細シリーズに出会ってからはボールペンへの抵抗がかなり減ったんだよなー。

いまやシャーペンより使用頻度が高い。


書き心地がなめらか、かつキャップ式だからバネとか搭載してるノック式と違ってめちゃくちゃ軽いんですよね。

極細シリーズは本体自体がスリムだし。

超極細シリーズの0.28という細さがとてもいい。

そしてインクが最後まで使いきれる!



今まであらゆるペンを最後まで使いきれずに乾燥させてきた身としては感動が大きい。

ただ、色によってインクの配合が微妙に違うのか、使いきれなかった色もあったんだよな。

いろいろ含めたわたくし茂吉の個人的感想としては

黒×0.28:書き味最高。最後まで使いきれる。

黒×0.38:書き味最高。最後まで使いきれると思うけどその前にどっかいってしまった…。大きめの履歴書に使ってた。

オレンジ×0.28:書き味最高。最後まで使いきれる。赤シートで消える。

青×0.28:ちょっとダマができる感じ。最後まで(なんとか)使い切った。

青×0.38:私が使ってた個体がよくなかったのかインクが先端からちょっと漏れてて毎回ティッシュで拭いてた。頑張って最後まで使い切りたい。

赤×0.28:書き味がりがりするのでインクの出がちょっと不安定。寒いと出ない。

赤×0.38:志半ばで(以下略)

緑×0.28:書き味がちょっとガリガリする感じ、かつ出なくなることがあったので書きなぐりメモ用に。最後まで使いきれたけどメインにはならないかな。

という感じでした。
もちろん、個人的な感想ですけどね。

公式のラインナップ見てるとまだカラーバリエーションがあるので、もっといろいろ試してみたいですね。

今ノートのピックアップカラーがオレンジだけだから、次はライムグリーンとかそのあたりに挑戦したい。

水色入れてスペクターぽくするのもいいな。

あと、ちょっぴりマイナーなのか小さい本屋とかだと置いてないのが残念。

いいペンなのに…。



あ、ちなみにシャーペンは長年クルトガ(0.3)愛用してます。

こっちはあんまりこだわりないんだけどね。

それでは、今回はこの辺りで。












影が薄いので、ときどき「いつも○○してるよね~」とか普段話さない人に言われると、

あ、あんた…おいらが見えてるのかい…?

みたいな気持ちになる。

ま、物珍しがられてるだけのときもあるけど。

私のキャラなんか根掘り葉掘り聞いてどうすんだよーただのおたくだから普通の人に話せる趣味なんかないよー。

話しかけてくれるのはありがたい、けどなぁ…あー人間界難しい。
関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。