スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現金書留を出しに行った話

オタクやってるとほんと社会勉強になるよね。
飛行機に乗るのも新幹線のチケット取るのもクレジットカードの申し込みもオタクじゃなかったらやってないからね。

というわけで生まれて初めて現金書留を出しに行った話。
別に詐欺られてるわけじゃないのでご安心を。

※あとから調べたらこちらにめちゃくちゃ詳しく載ってたのでこちらを読んでいただければもうこの記事読まなくても大丈夫です。
参考 - 郵便ゆうパック・個人向け郵便局発送お役立ち情報 現金書留郵便の出し方(現金封筒と書留速達)

持っていくもの
・送る現金
・手紙(信書もいっしょに送れます)
・印鑑(あれば)
・送り先の住所のメモ
・ペン、糊(郵便局で借りられるかも)

1)郵便局へ行きます。

2)窓口へ行きます。
  「現金書留の封筒ください」と伝えましょう。

3)21円を支払い、封筒を受け取ります。

4)今回は封筒を持ち帰らずその場で封をしました。
  発送は窓口でしかできないので、一回で済ませた方がいいです。
  待合席の辺りにあるテーブルなどで作業します。

5)宛名を書き、現金、手紙を入れます。
  封筒の口に糊付けします。裏に糊付けの方法が書いてあるので参考にしましょう。

6)糊付けできたら、封筒の口の部分の円に印鑑を押します。シャチハタ・認印可。
  今回は印鑑を忘れてしまったので苗字だけ書いてきました。
  なんかかっこ悪いので次は印鑑を持っていきたいです。


ここに、

こんな感じで。
今思うと苗字は円で囲ってきた方が良かったかもしれない……。

7)もう一度窓口に行きます。
  「現金書留を出したいです」と伝えます。

8)送る現金の値段を聞かれるので答えます。

8)通常の送料(82円~)+現金を送る料金(430円くらい、詳細は参考ページ)を支払います。

9)宛名と料金を記録した受領証の控えを受け取ります。

以上で現金書留を送るミッションは完了です!


いやほんと、世間知らずすぎてやること全部新鮮です。
一人暮らし楽しいなぁ。

それでは、今回はこの辺りで。





明日は二週間ぶりのニチアサ!!
ブレイブ先生のレベル2!!

ギャグ回の予感がする!!!!
関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。